FC2ブログ
Clone Factory
クローン達の日常

プロフィール

haya37

Author:haya37
FC2ブログへようこそ!



カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


山下達郎Performance 2008-2009

1号です。

今後観にいく予定の方がいらしたら続きは読まないでください。

28日は大阪フェスティバルホールの最終日。
これは達郎最終日ではなく、大阪フェスティバルホールが閉館してしまうのです。

今回のツアーはこの閉館を聞いて達郎がどうしてもやらねばと思い立ってのもの。フェス側も、ポピュラー公演の最終日を達郎に用意するという粋な計らいをみせてくれました。

さて、内容ですが、

今回から加わったドラマー小笠原拓海が素晴らしかった。パワフルなドラミングで、ヴォーカルを、ギターを、後ろからぐいぐい後押ししていました。 達郎はじめ、ほかのミュージシャンが彼のプレイを本当に楽しそうに見守っていたのが印象的でした。

彼の加入によって今回ステージにかけられた曲も数曲あったと思います。ステージの中央で彼が輝いていました。今後確実に山下達郎のステージは変わると思います。そのぐらい彼の存在感は大きかった。

曲目は出だしちょっとびっくりするような選曲でしたが、新旧取り混ぜてバランスよく展開。

最後はお約束の「あの人」が登場。気がつけば3時間半にも及ぶライブ。フェスティバルホールの神様に十分なさよならが言えたと思います。

今日この場に立ち会えたことに心のそこから感謝したくなるライブでした。

来年も達郎に胸を張って会えるよう、頑張ろうと思いました。

吉岡正晴さんのブログに、私の文章では伝えられないような当日の内容が書かれています。興味があれば見てみてください。

http://blog.soulsearchin.com/archives/002780.html
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://clonedailylife.blog98.fc2.com/tb.php/180-001d3373
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。