FC2ブログ
Clone Factory
クローン達の日常

プロフィール

haya37

Author:haya37
FC2ブログへようこそ!



カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コラアゲンはいごうまんライブレポ3

最後は手持ちのネタ「ヤクザ」

ずっと聴きたかったネタなので感激でした。
「イレズミ」で知り合った彫師さんが某Y組系の組の「代行」でその方の計らいで取材が可能に。2~3日のつもりが演出家喰始(たべはじめ)の指示(命令)は「1ヶ月行ってきなさい」

極限の緊張の中での会長、代行、若手組員とのやり取りは本当におもしろかったです。(特に若頭失神事件)
それと同時に、筋道に則った暗黙の掟によって体制を律するこの世界のストイックさは好ましく映りました。

心に残った代行の名セリフ。
「信念があればヤクザに対しても対等に話せるはずや」
「組の為に命かけんでええ。そやけど自分の芸のためには命かけえ!」

名札のオチも素晴らしく、「ヤクザ」ネタ満喫しました。


今回は「京町家 さいりん館 室町二条」の皆さんには本当に良くしていただきました。
わけのわからない芸人の興行に快く場所を格安で提供していただき、当日も設営から片付けまで手伝っていただきました。本当にありがとうございました。

また、いろいろな経緯で今回おいでいただいた皆さん、本当にありがとうございました。今回も30人を超える方々に来ていただけ、コラアゲンはいごうまんさんを知っていただけたことは、主催者としてこれに勝る喜びはありません。
次回いつになるかわかりませんがまた開催が決まればお知らせ致します。


最後は将軍・コラさん・私の3人でプチ打ち上げ。取材裏話にはじまり話が尽きず、気がつけば3時間にもなっていました。最後は私の相談事まで聞いてくれたコラさん、本当にありがとうございました。

次回もまた元気で帰ってきてください。

ちなみに1:今回の京都チラシ、何気にスケッチブック仕立てになっていたの、伝わっていたでしょうか・・・コラアゲン氏ですら打ち上げに行く道すがら話すまでわかっていなかったorz

ちなみに2:今回の滞在中になぜか勃発した「居住環境選手権五番勝負コラアゲンvs.トコロテン」結果は2勝2敗1分のドローでしたまさに最下層の争い・・・

1363198878_98.jpg
舞台が終わってくつろぐコラアゲン氏
1363198878_239.jpg
舞台で熱演するコラアゲン氏

スポンサーサイト

コラアゲンはいごうまんライブレポ2

例によって自己紹介が長い。

お客さんの素性を少しずつ明らかにしながら場を暖めていく手腕はさすが。私の友人Nさんなどが餌食になり、他のお客さんもうまい合いの手を入れたりして、良い雰囲気ができていく。

地元ネタ「「犬」の看板」
先日取材中さいりん館へ来たときに留守番していたUさんからのネタ。というかその前に4時間企画会議に付き合ったオレの立場はどうなるんだ?ネタに苦しんだコラアゲン氏は手当たり次第に「ネタ乞い」をしていたらしい・・・。

それはともかく、「犬」の看板を調査し始めたコラアゲン氏、結論は2秒で終わりだったが過程にやはりドラマが。
そこで出会ったブラジル人サントス氏とのやり取りは聞かせた~。
私も関西に住んで15年。しかもウチの母は京都人なので関西人のハーフなのだが「どやろ?」のニュアンスは出せない、パチもん関西人なので、わずか5年で言語を血肉化したサントス氏には感嘆せざるを得ない。「あきらめたらあかん」「「犬」バックやろ(これは本当にやらせではないそうです。念の為)」も含めてサントス氏に日本人の心、関西人の心の機微を教えられました(本当か?)。

地元ネタ「「ラーメン○○ち」について」
Kさんのネタ。私も行った事がないのですが、Kさんの家の近所のラーメン屋「ラーメンま○○」は非常に薄味で(Kさん曰く「すっとぼけた味」)非常に人気が無いなのにいっこうに閉店するそぶりもなく、近所ではスパイ説まで囁かれているらしい。
「ラーメン○ぁ○」に乗り込んだコラアゲン氏、ちょっとぐっとくるお話を持ってきてくれました。マイミクじゅんさんも書いていましたが「信念を貫いて」いる店主はかっこよかったです。
これを聞いた以上、○○いとわかっていても食べに行かんとしゃあない
なと思いました。

当日の様子


コラアゲンはいごうまんライブレポ1

1362841493_93.jpg
当日は13:00少し前に現地着。
するとすでにコラアゲンさんは来ていて、準備に取り掛かられていた(後で聞くとこの頃は当日の構成がまだまとまっていなくてかなりテンパっていたらしい)。私には地元ネタがちょっとになるかも、とか、この話は省く、とかおっしゃられたが良いも悪いもなくお任せなので、「思うとおりにやってください」とだけ答える。

13:00過ぎにひつじ先生が来られた。「前回は後ろの方だったので」とのことだったが期待の大きさを感じ、ありがたく思う。
程なくK夫妻もやってきてくれ、会場の設営を開始。二室を区切る襖をはずし、座卓を移動させ、受付用のテーブルをセット。その間にも少しずつお客さんがやってくる。と言ってもほとんどが私の知人、いわゆる「サクラ」なのでむしろ挨拶に忙しい。

お客さんは来てくれるかなと思っていた人が来なかったり、昨日頼んだ人が来てくれたり、全然知らない人が来たり、昨日の晩飲んでたお店のお客さん(知らない人)が来てくれたり・・・と全然読めない。人の行動はかくも多様なものなのだ。

コラアゲンさんはと言えば、「あの人どんな人ですか?」「あの人の名前は?」などとお客さんをリサーチ。こうした細かい準備で本番の立ち上がりの空気を作っていくのは前回も感心したところ。

14:00過ぎ、本当はわし先生が到着してから始めたかったのだけど、お客さんがほぼ揃い、お待たせするのもなんなので始めることにした。

私の挨拶(概要)
「本日は、他にたくさんの娯楽がありますなか、コラアゲンはいごうまんライブにお運びいただきありがとうございます。頼んでおいてなんですが、コラアゲンさんのライブには当たり外れがあるらしく、私も今日が外れだったらどうしよう・・・とドキドキしています」

今回も、「本人横に置いて何言うねん!」とお叱りを受けたことは言うまでもない。
写真は準備中のひとこま。


コラアゲンはいごうまんライブ@室町二条

poster

12月にコラアゲンはいごうまんが再びやってきます。
今回は「僕の細道」という全国ツアー(旅費自前)です。

またしても私がそのうちの一公演を主催させていただくことになりました。
前回参加して気に入ってくれたあなた、前回残念ながら見逃したあなた、
今回は日曜の昼間ですのでどうぞお気軽にいらしてください。

日時:12月13日(日)14:00開演
場所:京町屋 さいりん館 室町二条
    京都市中京区室町二条上る冷泉町65
チケット代:1,500円
問合せ・予約:早崎TEL:090-6248-9437
         miyakea2007-tokoroten@yahoo.co.jp

できるだけこのメールアドレスへお申し込みください。他のと間違えたり、迷惑メールにフォルダに入ったりして確認できない場合がございます。よろしくお願い致します。

コラアゲン動画

9号です。
最近youtubeにたくさんアップされているコラアゲン動画。これは秀逸な一本です。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。